Copyright 2014 Nihon Teppan Co., Ltd. All Rights Reserved.



福岡県京都郡みやこ町の高木神社は、嵯峨天皇弘仁十年(819年)の創建。
この度ダム建設に伴う御遷座で、新築されました。
新社殿の主な建物の屋根は、当初銅が予定されていましたが、耐久性にすぐれるチタンへ変更されました。詳しくは記事本文をご覧ください。
「IPゴールドチタンの開発」が、第5回「ものづくり日本大賞」優秀賞を受賞
真の黄金に迫る質感と比類なき耐久性、柔軟な加工性を実現したこの「IPゴールドチタンの開発」が第5回「ものづくり日本大賞」優秀賞に選定され、2013年10月18日、福岡市のハイアットリージェンシー福岡にて開催された同賞九州地区授賞式で、東洋ステンレス研磨工業株式会社の門谷誠社長、門谷豊取締役統括部長をはじめとする開発チーム7名に表彰状が手渡されました。詳しくは記事本文をご覧ください。
世界文化遺産の高野山で、開創の中心地・本中院谷にチタン屋根。「伝統的建造物へのチタン適用」を加速する、新しい表面仕上げも登場しました
開創以来1200年の歴史を刻み、ユネスコ世界文化遺産にも登録された高野山。その大本山・金剛峰寺に隣接し、山内でもひときわの伝統と格式を誇る別格本山總持院様で、位牌堂・大師堂の屋根改修工事が落慶しました。
最新のチタン表面仕上げを駆使した屋根は、荘厳な真言密教の聖地にも違和感なくとけ込み、「高野山初」という話題性ともあいまって、伝統的建造物へのチタン適用を加速する大きな契機となることが期待されます。
總持院・宮田住職をお訪ねし、「なぜ世界遺産の高野山でチタン屋根なのか」をテーマに、歴史あるお寺様ならではの建築に託する思いをお聞かせいただきました。詳しくは記事本文をご覧ください。
IPゴールドチタンのご使用が広がっています


■ 新技術紹介 チタン建材による意匠の世界が、さらに拡大
厳しい曲げ加工に耐え、絞り加工にも対応可能。 イオンプレーティング法による高品位なゴールドチタン
サイトマップ

住宅向けチタン建材パンフレット
浅草寺様
杖珠院様、工房大場様
浅草寺様
PDFfファイルでご覧いただけます
表情豊かな意匠性
比類なき耐食性
環境にやさしくリサイクル可能
メンテナンスフリーで、長く使えば経済的
チタン建材の時代です
住宅、神社仏閣から、公共施設、大型交通インフラまで、新日鐵住金のチタン建材