長く使えば割安というライフサイクルコストの魅力
チタンの寿命は半永久的
しかもメンテナンスフリーです

 チタンは金属の中でもコストが高く、チタン屋根の材工単価も、通常の金属屋根と比べて割高となります。
 しかし、寿命は半永久的、メンテナンスフリーであるため、長いスパンで考えると、こまめなメンテナンスを要し、10数年〜20年で塗り替え・葺き替えの必要となる他の金属屋根よりもはるかに経済的です。

家屋の寿命を短くする
屋根の修理・葺き替えが不要となります

たとえばチタンを屋根材として使用した場合、ライフサイクルコスト(初期費用+補修・塗り替え・葺き替え費用)を比較しますと、他の金属屋根は約20年を超えるとチタンを上回り、50年経過後は約2倍にも上ります。しかも、屋根を修理するたび建物自体に負担がかかり、家屋の寿命を縮めます。


Copyright 2008 NST NIHONTEPPAN Co., Ltd. All Rights Reserved.
九州国立博物館
●収蔵物を守り、恒久的使用が前提となる博物館。4館ある国立博物館のうち3館に新日鐵住金チタンが採用されています。本物件は発色チタンの屋根では世界最大です
東京ビッグサイト
●潮風吹きしくベイエリア、しかもメンテナンスが困難という逆三角形の壁面と展望室底面に、メンテナンスフリーのチタンを採用